がん治療でお悩みの方へ。河村宗典のインターネット相談室

HOME > マイナスのない治療法 > 自己治癒力を高める免疫療法

治癒力を高める「免疫監視療法」

本来人間は、「自然治癒力」のひとつとも言える非常に高度な免疫系によって身体が守られています。
昔から、奇跡と言われるようなガンの自然治癒は確かに起こっています。
それは、何もせずして勝手に治癒したということではありません。体内の環境を人間が持つ本来の状態に戻せたからこそ起こるのです。

様々な原因を放置し、治癒することを願っていても何も改善しません。
ならば、医学的アプローチで「免疫力を活性化」させようとするのが、免疫監視療法(BRP療法)です。
免疫監視療法について(横浜サトウクリニック)

免疫監視療法とは、機能低下を起こしているガン患者さんが本来持っている「キラーTリンパ球」や「NK細胞」を効率よく活性化し、強い抗ガン活性を導く方法なのです。

この療法に取り組んで約20年になりますが、これまで1800人以上の患者さんに免疫監視療法を行ってきました。

その中には西洋医療で見放され、ボロボロになってから当院を訪れた患者さんが、ガンを「克服」された例もあります。
横浜サトウクリニック/分院・協力医院のご紹介

詳しくは、
書籍[新たなる選択 免疫監視療法~免疫力のスイッチを入れて、ガンを自分で治す!]をご参考にして下さい。 (書籍紹介としてamazon.co.jpへのリンクとなっております。)

詳しくは、
書籍[「見えてきたガンの征服」生命の力が生み出したBRP療法]をご参考にして下さい。 (書籍紹介としてamazon.co.jpへのリンクとなっております。)

ご相談はこちらから

▲ページのトップへもどる